DOGS

犬は肉食動物です

犬は、本来、肉食動物です。そのため、コーンや米、ポテトといった炭水化物を消化するのが苦手です。

Ziwiは、犬にとって一番負担なく消化できるのは何か?をヒントに 生肉・内臓を丸ごと原料として使用し、野生の犬の食事に近い「獲物丸ごとの食事」を再現しました。

エアドライ・ドッグフード

エアドライ製法で作られた生肉・内臓・緑イ貝96%配合のエアドライ・ドッグフード。5フレーバーご用意しました。総合栄養食として、全年齢の犬に与えていただけます。

Read More

ドッグ缶

生肉・内臓・緑イ貝91%配合のドッグ缶。特に水分たっぷりの食事を摂りたい犬にお勧め。総合栄養食として、全年齢の犬に与えていただけます。

Read More

エアドライ・ドッグトリーツ

エアドライ製法で作られた生肉・内臓・緑イ貝96%配合のエアドライ・ドッグトリーツ。3フレーバーご用意しました。総合栄養食としてAAFCOの栄養基準を満たしている、栄養のバランスが取れたおやつです。全年齢の犬に与えていただけます。主食としてもご利用いただけます。

Read More

オーラルヘルスケア

ニュージーランドの自然放牧で育った鹿のひづめを、燻製にして乾燥させた天然のオーラルヘルスケアおやつ。噛むことで、歯垢、歯石の沈着を抑え、口臭を軽減します。「デンタルチュー」ファンのワンちゃんに、パッケージモデルキャンペーンを随時行っています。次回のキャンペーンをお楽しみに!

Read More

Dr.Peter Dobias
犬の食事コラム

ピーター・ドビアス医師の生肉食の勧め。アレルギーについて。

Read More

ニュースレター
犬の健康

ニュースレターで配信された犬の食事や健康に関するトピックス。

Read More

犬猫が生肉食なのはなぜ?

犬や猫がなぜ肉食動物で、なぜ炭水化物を上手に消化できないのでしょうか?

Read More

犬によくある
食事のお悩み

好き嫌いが激しい、少食、アレルギーなど、犬の食事の様々なお悩みに対するトピックスを集めました。

Read More

犬の食事
切り替え方

Ziwiに切り替えるには、今食べている食事に少しずつ混ぜながら切り替えましょう。

 

Read More

よくある質問

たんぱく質、脂肪が非常に高いですが、問題はありませんか?

犬猫が1日に必要とする栄養基準(AAFCO)に従って、必要なたんぱく質、脂肪の量を消化しやすい動物性タンパク質から摂取できるように配合しています。また、一般のキブルフードに比べて与える量が非常に少ないため、フードから摂取するたんぱく質、脂肪分の量は、キブルフードと大きな違いはありません。

 

01 ペットの消化システム
  • 犬も猫も野生の先祖は、生のお肉と内臓からタンパク質と脂肪をふんだんに摂取できる食事をしながら、進化してきました。私たちの愛すべき犬も猫も、消化器管は野生の時代からほとんど変わっていません。
  • 猫は真正肉食動物で、犬も基本的には肉食動物です。猫は炭水化物を消化できず、犬も少量しか炭水化物は消化できません。
  • ですから、新鮮な天然の生肉と内臓があれば、他には何もいらないのです。

ZiwiPeakのゆっくり時間をかけて作るエアドライ製法は、生肉と内臓の水分を除去して、お肉90% のドライフードを作り上げます。また、この調理方法により、敏感なタンパク質、栄養素、酵素、ビタミンの損傷を最低限に抑えることができます。結果として、生肉の栄養価を維持することができるのです。さらに、熱処理した密封パッケージで、栄養をしっかりと保護しています。

水分の多いフードをお好みの方には、缶製品をお勧めします。ジウィピークの缶フードは、66%以上の生肉と内臓を使用しています。それに、自然な水分とエアドライ・フードと同様の必須ビタミンとミネラルを添加しています。

参考:消化率95%以上とは?

http://ziwipeak-jp.com/about-ziwipeak/ziwipeak-difference

以前はキャットフードに「DL-メチオニン」が入っていましたが、新しい商品に含まれていないのはなぜですか?

新配合商品は、原材料から必要なメチオニンが摂取できるため「DL-メチオニン」の添加が不要になりました。

緑イ貝のひげ混入について

ジウィピーク缶フードに、まれに、原材料の緑イ貝のひげが混ざって入っていることがございます。

緑イ貝

天然のグルコサミン、コンドロイチン、オメガ3、オメガ6の供給源

Green-Lipped-Mussel03

ヒゲの代表例

約1cm~2cm程度のたわしのような形状のもの

緑イ貝ヒゲ02

海洋性のイ貝は、しっかりした弾力性のある足糸(ビソ)を持ち、岩に貼りついています。このイ貝の足糸は、イ貝の「ひげ」として知られています。

ジウィピーク製品には、天然の緑イ貝をそのまま使用しており、グルコサミン、コンドロイチン、オメガ3、オメガ6の供給源になっています。

通常は、原材料のミキシングの工程で、イ貝からこの「ひげ」の部分を除去しています。
しかしながら、一部、取りきれずに混ざっていることがあります。

「ひげ」は、天然の緑イ貝の体の一部であり、犬猫が食べてもまったく問題はありませんのでご安心ください。消化、その他の心配も一切ございません。

ジウィピークは肉に偏っていますが、栄養バランスは取れているのですか?

犬も猫も基本的には肉食動物で、野生の時代から、その身体構造(歯、顎)、生理機能(胃、腸)はほとんど変わっていません。ジウィピークのレシピは、犬や猫の生物学的な要求と食性に合せて作られています。

動物栄養学者のチームが、犬と猫の消化システムと栄養の必要性を考えて最適な配合をしており、96%が生肉、内臓、緑イ貝です。すべての年齢、運動量、ライフスタイルに適していることが証明されています。
AAFCOの栄養基準を超えた良質な栄養食です。純粋な生肉製品に、天然の海草、パセリ、チコリ、グリーントライプ(煮沸せず、水で洗浄しただけの高栄養価の胃袋)から、必要な炭水化物を配合しています。これに必須ビタミン、ミネラルを添加して、栄養バランスの取れた総合栄養食に仕上げています。
バランスの取れた生肉食は、多くのエネルギーを提供し、動物に生き生きとした活力を与えます。
犬や猫の消化システムに負担をかけやすい、また、アレルギーになりやすい炭水化物は最小限に抑えています。ジウィピークは生肉食の代替フードとして、最も適したものです。

また、最も消化しやすい原材料で1日に必要な栄養素を配合しているため、食事量は一般のドライフードと比べて非常に少なく、たんぱく質、脂質の摂り過ぎという心配はありません。

Ziwi(ジウィ)ドッグを購入する

全国の小売店もしくはインターネットショッピングでお求めいただけます。