DOGS

犬は肉食動物です

犬は、本来、肉食動物です。そのため、コーンや米、ポテトといった炭水化物を消化するのが苦手です。

Ziwiは、犬にとって一番負担なく消化できるのは何か?をヒントに 生肉・内臓を丸ごと原料として使用し、野生の犬の食事に近い「獲物丸ごとの食事」を再現しました。

エアドライ・ドッグフード

エアドライ製法で作られた生肉・内臓・緑イ貝96%配合のエアドライ・ドッグフード。5フレーバーご用意しました。総合栄養食として、全年齢の犬に与えていただけます。

Read More

ドッグ缶

生肉・内臓・緑イ貝91%配合のドッグ缶。特に水分たっぷりの食事を摂りたい犬にお勧め。総合栄養食として、全年齢の犬に与えていただけます。

Read More

エアドライ・ドッグトリーツ

エアドライ製法で作られた生肉・内臓・緑イ貝96%配合のエアドライ・ドッグトリーツ。3フレーバーご用意しました。総合栄養食としてAAFCOの栄養基準を満たしている、栄養のバランスが取れたおやつです。全年齢の犬に与えていただけます。主食としてもご利用いただけます。

Read More

オーラルヘルスケア

ニュージーランドの自然放牧で育った鹿のひづめを、燻製にして乾燥させた天然のオーラルヘルスケアおやつ。噛むことで、歯垢、歯石の沈着を抑え、口臭を軽減します。「デンタルチュー」ファンのワンちゃんに、パッケージモデルキャンペーンを随時行っています。次回のキャンペーンをお楽しみに!

Read More

Dr.Peter Dobias
犬の食事コラム

ピーター・ドビアス医師の生肉食の勧め。アレルギーについて。

Read More

ニュースレター
犬の健康

ニュースレターで配信された犬の食事や健康に関するトピックス。

Read More

犬猫が生肉食なのはなぜ?

犬や猫がなぜ肉食動物で、なぜ炭水化物を上手に消化できないのでしょうか?

Read More

犬によくある
食事のお悩み

好き嫌いが激しい、少食、アレルギーなど、犬の食事の様々なお悩みに対するトピックスを集めました。

Read More

犬の食事
切り替え方

Ziwiに切り替えるには、今食べている食事に少しずつ混ぜながら切り替えましょう。

 

Read More

よくある質問

缶を開けると、白い塊や粉のようなものが見られます。何ですか?

faq10_can_texture

ジウィピークの缶フードには、脂肪が凝固したものや、軟骨、動脈、静脈といった原料が含まれます。

米や穀類を使用していないため、このような現象が見られます。

天然の生肉と内臓の含有量が、ドッグ缶91%、キャット缶92%と極めて高いため、レトルト加工で加熱した際に、加熱された肉や内臓の脂肪が必ずいくらか染み出てきます。家庭でお肉をオーブンで焼いたときに見られる現象とまったく同じです。

缶詰の温度が下がったときに、この染み出た脂肪が凝固して、ご覧になったような白い粒になります。

原因は、ジウィピークは穀類やポテトのようなでんぷん質を使用していないため、染み出た脂肪を吸収する物質がないからです。

また、軟骨や動脈、静脈の白いかけらに気づくこともあると思います。これも、生肉と内臓を使用する商品には、通常、見られるものです。

レトルト加工で加熱した際に、肉と内臓から染み出た脂肪が液体で残る場合もあり、その場合は、缶の底に溜まることがよくあります。さらに、温度が下がると固まってゼリー状になります。

03 不健康なものは使用しない
  • 砂糖、塩、グリセリン、薬剤、合成保存料、着色料、増量剤、穀物、芋類は使用していません。
  • 安価なフードが使用しているこのような原材料は、人が手を加えて加工しない限り、犬や猫は簡単には消化することができません。
  • 遺伝子組み換え原材料不使用で、エトキシキン、BHA、BHT、プロピレングリコールも一切使用していません。

犬も猫も、加工食品や一般的なペットフードに含まれる多くの炭水化物を消化することが苦手です。残念ながら、このような添加物や不適切な原材料は一般的によく使用されているのが事実です。弊社は使用していません。

04 正確なフードのバランス
  • バランスが取れた生肉食が最適です。しかし、生肉の取り扱いには、安全性と便宜性の問題があります。
  • 野生の犬や猫は、狩りをした動物をそのまま食し、レバー、ラング、ストマック、トライプ、ハート、キドニー、ボーンのような内臓から必須の栄養を摂取します。
  • ジウィピークはこの狩猟で得られる生肉食のすべての利点に、魚介類、必須ビタミンとミネラルを加えて提供します。

ジウィピークは、信頼できる原材料とブランドで、生肉と同等の栄養を、扱いやすい形でお届けします。

「カビ」と原料成分の「脂肪酸」の違いについて
脂肪酸の代表例

生肉に含まれる脂肪酸が気温の変化で表面に浮き出て、白い粉状の膜を張ることがあります。天然の生肉の成分のため、品質上の問題はありません。安心してご使用ください。

カビの代表例

部分的に白または緑のカビが、胞子状に盛り上がった形で見られます。カビ臭も感じられます。犬への給餌はお控えください。

 

一般的には、カビの場合は、一枚のフードの一部、また1袋のフードの中でも部分的に白または緑のカビが見られます。また、胞子状のふわふわしたカビがフードに盛り上がったような形で見られます。但し、そのまま放置しておくと、全般的にカビは広がります。

これに対して、生肉に含まれる脂肪酸、とくにステアリン酸が浮き出て凝結した場合は、フードの表面にうっすらと白い粉をふいたような膜が見られます。脂肪酸の膜は、気温差により生肉に含まれる脂肪酸がフードの表面に浮き出て白く凝固することにより生じます。生肉に自然に含まれる脂肪の割合が、季節や動物の年齢等によって常にバラつきがあるため、このような脂肪酸が表面に出てくる可能性、量についてもバラつきがございます。

原材料に含まれる成分ですので、動物の健康には何ら問題はありません。ジウィピーク製品は天然の生肉を使用しており、防腐剤、着色料を使用していないため、天然食材の持つ色や性質により、完成品の見た目にこのような違いが見られることがあります。

一方で、90%以上が生肉でできており、高温高圧による加熱加工ではなく、低温乾燥のエアドライ製法で作られているジウィピーク商品は、気温、湿度、環境の影響を受けやすく、保存方法、取り扱い方によっても稀にカビが発生する可能性があります。その場合は、給餌はお控えください。また、「カビ」か「脂肪酸」か分からない場合は、お問い合わせください。

「ラム」と「シープ」はどう違うのですか?

「ラム」が供給量がタイトなため、不足した場合「マトン」を使用することがあります。これに備えて「シープ」という原材料名に変更しました。尚、「ラム」と「マトン」の栄養成分に違いはありません。

Ziwi(ジウィ)ドッグを購入する

全国の小売店もしくはインターネットショッピングでお求めいただけます。