独立した外部調査機関の報告により、ZiwiPeakドッグフードは最も優れた商品の一つに選ばれました。

独立した外部調査機関の報告

reviews.com の調査は、2,200 種類のドッグフードについて、どの商品が実際には安全かを調査しました。
まず、この広範な調査を完結するために、以下のことが実施されました。

img_bestchoice

• ドッグフード業界に関わる11,000 人以上の人のリストを作成。
• 獣医師、ドッグトレーナー、動物行動学者、大学研究者、執筆家等、20種類以上の専門家が調査に協力。
• 300名の犬の飼い主に、ドッグフードに何が入っているか知っているか調査
• 犬の飼い主にとって何が大切かを調査するために、8000以上の質問リストを作成
• ドッグフードに関して定評がある、72件の記事、調査を分析
• 115ブランドから2219種類のドッグフードをリストアップして、各フードの原料を調査

以下の評価基準に従い、絞り込みを実施しました。

• 第一主原料が肉ではない商品を削除
• コーン、小麦、穀類、粉類を使用した商品を削除
• ビートパルプ、砂糖を使用した商品を削除
• 副産物、ソースを使用した商品を削除
• ブランドごとに、過去のリコール、原料の原産地、社歴、顧客満足度を検証
• 残ったブランドについて、タンパク質、脂肪、炭水化物、タンパク質は何を使用しているかに基づいて評価

この調査分析の結果、2219種類のドッグフードから残ったのは、15ブランドのたった119種類のドッグフードでした。

調査結果

1. 安全性
まず最初に、ドッグフードの安全性を評価しました。さて、ドッグフードの安全性について規制しているのはどこでしょうか?
アメリカは、AAFCO(米国飼料検査官協会)がドッグフード基準を設定しています。家畜の飼料を規制しているのもAAFCOです。

2. 健康
次の調査項目は、使用している原料が実際に犬の健康に適しているのかという点です。単に危険がない、有害ではない、だけでは健康的とは限りません。人間はジャンクフードでも生きられますが、いつかそれが原因で健康を損なうことがあります。犬も同じです。
鼓腸、炎症性腸疾患のような消化の問題は、天然の原料を使用しない、質の悪い原料のフードを食べたことが原因のと見られます。食物アレルギーも消化の問題に繋がることがあります。調査にあたって聞き取りした多くの専門家によると、犬は、小麦、コーンには敏感なようです。 (reviews.com)

重要なことは、私たち人間と同じように、犬の健康状態、運動量、年齢、様々な病状により、必要とする栄養には差があるということです。 (reviews.com)

いつものフードには、ほんとは何が入っているのか?

調査によると、犬の飼い主の70%が、いつも与えているドッグフードのすべての原料は把握していませんでした。
reviews.com が、ドッグフードの原料についての簡単なガイドラインを発表しました。
そこで、ZiwiPeakはTOP25ドッグフードに選ばれています。

ZiwiPeakに配合されている物:

ベニソン生肉
ラム生肉
ビーフ生肉
レバー
ハート
キドニー
グリーントライプ
緑イ貝
パセリ
海草
チコリ由来イヌリン
レシチン
オメガ3脂肪酸
グルコサミン
コンドロイチン
ビタミン類 & ミネラル類

ZiwiPeakに配合しない物:
BHA
BHT エトキシキン
プロピレングリコール
亜セレン酸ナトリウム
コーン
小麦
大豆
ビートパルプ
ミートミール
肉副産物
中国産 精製肉商品
玉ねぎ
ぶどう
ガーリック
アボカド