ジウィピーク日本公式サイト

加工食品の狂ったサイエンス by Dr.Peter Dobias DVM

2012年6月24日 ピーター・ドビアス博士
私の目の黒いうちは、うちの愛犬”スカイ”には絶対、加工フードは与えません。

加工食品の狂ったサイエンス- 最近、乾燥ナチュラルペットフードメーカー、ジウィピーク社の創業者から連絡があり、獣医師に「乾燥フードや生肉フードは犬にはリッチ過ぎる」と言われた人が多いようだ、という話を聞きました。

私はいつも、栄養について迷った時は自然に戻るのが一番だと言います。ちょっと考え てみてほしいのですが、穀物その他の原材料からできた、加工度の高い市販ペットフードは、犬や猫が自然に摂取できるものとはかけ離れています。犬や猫の消 化器官は短くて、炭水化物を消化できるようにはできていません。牛や馬のような前胃や結腸は持っていないのです。

肉食動物の膵臓は、明らかに主としてタンパク質を消化するようにできています。犬や猫の消化作用は、主に胃や小腸で行われ、そこで、膵臓がタンパク 質酵素製造マシーンとして重要な働きをします。犬にとうもろこしや小麦を与えると、深刻な負荷がかかってしまいます。実際、犬や猫が、トウモロコシ畑や小 麦畑で食事をしているのを見たことがありますか?これは、馬やうさぎが骨を噛んでいるのを 見たことがないのと同じことなのです。

膵炎(膵臓の炎症)はタンパク質の多い肉を与えたことが原因だと信じている人がいま すが、信じられないことです。私の考えでは、犬が膵炎になる原因は、膵臓が消化できない、炭水化物が多い質の悪いフードを与えていたことが主な原因です。 膵臓が本来、そのようにできていない働きを強いられることで、単純にストレス過多になり、耐えられなくなってしまうのです。結果、炎症を起こし膵炎になっ たり、損傷した膵臓がインシュリンの生成機能を失うことにより、糖尿病になります。

療法食を考える

この原稿を書きながら、一度、胃腸療法食に使用されている数種類の”プレミアム”療法食の原材料を調査してみようという気持ちになりました。そして、分かったことをご報告します。

製品A

水分、ターキー、卵、ポークレバー、米、全粒とうもろこし、米でんぷん、セルロース粉、乾燥ビートパルプ

製品B

鶏肉ミール、玄米、米、鶏脂、粗挽きとうもろこし、コーングルテン、コーングルテンミール、天然フレーバー、乾燥卵、ビール酵母、乾燥ビートパルプ、魚油、植物性油

製品C

醸造米、コーングルテンミール、全粒とうもろこし、鶏肉ミール、動物性脂肪

明らかに何かおかしいと判断できます。獣医学の知識なんていりません。「卵」「鶏肉ミール」「グルテンミール」「セルロース粉」などの言葉を見ると、ペットフードメーカーの”科学研究所”では、いったい何が起こっているのかと言わざるを得ません。

生肉や乾燥ナチュラルフードはタンパク質や脂肪が高過ぎると言うのは、自然は間違っているというようなものです。

私は15年以上、生肉食と100%ナチュラルな自然食サプリメントを勧めています が、これまで、健康的な肉、骨、内臓、植物性原料が、本来、犬が自然に食べるべきものだということを証明してくれる”科学調査研究”がありませんでした。 私の意見では、おそらく何年も前に、ペットフードメーカーが数種類のレシピを作って分析し、独自の考えで、タンパク質、脂肪、炭水化物の必要量を想定した のだろうと思います。おそらく、体に良いナチュラルフードの栄養価にまで達するフードを作れなかったからです。

私は何年も前に、妥当ではないことに賛同するぐらいなら、獣医師の資格を放棄してもよいと決めました。狂った科学者の皆さん、私の目が黒いうちは、私の犬には、あなたたちの作ったフードは絶対に与えません。

ご清聴ありがとうございました

プロフィール

私は獣医師で、カナダ、ブリティッシュコロンビア州、バンクーバー在住

伝統獣医療及びホリスティック獣医療に20年以上臨床医として従事してきましたが、私は自然治癒、犬、健康なライフスタイルに大きな関心を寄せてきました。

目標は、あなたの愛犬が健康で長生きできるように、以下のお手伝いをすることです。

  1. 自然およびホリスティック治療と栄養について、最新の情報を、記事、ブログ、ポッドキャストを通じて配信する。
  2. 人間の食品レベルの原材料のみからできた、100%天然の高品質の製品やサプリメント
  3. ご希望の応じて、各国からのオンライン・ホリスティック獣医療コンサルタント

Doctor-Peter-Dobias獣 医師として、クライアントを教育し、クライアント自身が治癒プロセスに積極的に関わるように、励まし、助けることに生きがいを感じています。非化学的、非 侵襲的な自然療法を中心に採用しています。なぜなら、このような方法が最善の効果があり、費用も軽減でき、ペットが健康で長生きできるからです。

私は医療は芸術に似て、獣医師により異なるスタイルがありますが、治療とは自然に密接に連結すべきものと信じています。

私の治療アプローチは、伝統獣医療、天然素材の栄養食、ハーブ療法の知識に、理学療法、カイロプラクティック、整骨治療法のような背骨の配置技術を組み合わせています

仕事以外では、私は常に学ぶことが好きで、自然と人間が作った世界には、今も驚きの毎日です。読書、執筆、写真、サーフィン、カイトボーディングが趣味です。ヨガとメディテーションが、様々なチャレンジに挑戦していくエネルギーになっています。

一番大切な時は、家族、友人、愛犬スカイと過ごす時間です。ですから、あなたにとって、愛犬がどれほど大切かが分かります。あなたの愛犬が、これからもずっと健康で長生きできるように、一生懸命尽くすことをお約束します。

Dr. ピーター・ドビアス DVM
Founder and CEO of Dr. Dobias Healing Solutions Inc.



Copyright©ZiwiPeak(ジウィピーク)日本公式サイト 2017 All Rights Reserved.