下痢が続いていたのが、エアドライ・ベニソンで今まで見たことがないしっかりした便に

ZiwiPeakの皆様にすばらしい製品を開発していただいたいことに、心から感謝を伝えたいと思います。

我が家の子猫“ジャッカル”はエアドライ・キャットフード「ベニソン」を食べていますが、これに替えてから、健康状態は大きく改善しました。

主人と私は、今年初めに家を建て、子猫をこの機会に飼うのもいいかなと思いました。というのも、うちの犬の“ロキシー”のいい遊び相手になると思ったので(“ロキシー”は、地元のシェルターから引き取った子猫と一緒に育ちました)。捨て猫がいっぱい集まっている所から“ジャッカル”を拾って来たときは、年齢にしては恐ろしく痩せていて、ノミも虫もいっぱいでした。

まず、その処置をして、質の高いペットフードを職場から持って帰って与え始めました(私は動物病院で働いており、主人はシェルターで働いています)。最初、少し下痢をしましたが、多くの虫下しをしたあとで、フードも毎日食べ始めたところでしたから、それほど心配していませんでした。しかし、下痢は止まらず、職場の病院で健康診断を受けたのです。それから、長い治療が始まり、便検査、処方食と続きました。

腸の処方食を与え、2ヶ月間、様々な薬と注射を投与し続けました。そして、5日間の入院検査で様々な治療、検査、処方食の変更も受けました。何もうまくいかず希望を失いかけていたのです。

毎朝、下痢で汚れたトイレで始まるという日が続き、排便の痛みで泣いたり、汚物を引っ掻いてあちこち汚しました。

ついに、職場の獣医が、自分の猫だったら安楽死させるだろうと言ったのです。悩んだのは、”ジャッカル“はつらい経験をしながらも体力はあり、遊び好きで、体重も増えていたからです。”ロキシー”とも仲が良く、暖炉の前で一緒に寝て、いつもじゃれて遊んでいました。私たちも、何度も下痢でカーペットを汚されても、やはり”ジャッカル“を愛していました。

安楽死か他に何ができるか考え始め、猫用の食物アレルギーの処方食はどうだろうかと思い、職場の獣医の一人に相談したところ、そのタイプなら、ZiwiPeakが一番ナチュラルで処方食のアレルギー対応の製品と違って、添加物も入っていないので、いいかもしれないと教えてくれました。エアドライ・キャットフード「ベニソン」を1袋買って、その晩から”ジャッカル”に与えてみました。その日もひどい下痢をしていたのですが、翌朝、今まで見たことがないような、ほぼ完璧なしっかりした形の便をしました。それ以降もずっといい便です。ZiwiPeakの袋を取ると、興奮して腕に飛びついてきます。

もう前のように苦しむこともなく、前より元気にもなり、ものすごく嬉しく思っています。以前から、ZiwiPeakのフードはクリニックの顧客に薦めていたのですが、自分が使って違いが分かってからは、もっと多くの人に、使ってみれば必ず体の調子が良くなるからと、積極的に勧めるようになりました。本当にありがとう。これからもよろしくお願いします!