慢性の腎臓疾患で苦しんでいた猫

ユキは、卵巣除去の手術で合併症を起こし、また手術をしたのが原因で、慢性の腎臓疾患でずっと苦しんでいました。

数週間、別のフードを食べていた時は、全然よくならなくて、単に“生き延びている”だけでした。徐々にジウィピークに切り替えて、少し水を足した「キャット缶ラム」と「キャット缶ベニソン」を与えてみました。そうしたら、体重が増え始めて、前みたいに、毛づくろいしたり遊んだりするようになったんです。

苦しい闘病だったので、嬉しくて涙が止まりません。

今は、ジウィピークのフードは缶もエアドライも、どのフレーバーでも食べます。いつも、一回の食事で、色々ちょっとずつ食べています。

ユキはまさに死にかけていました。

ジウィピークでよみがえったんです。こんなに栄養のあるフードを作ってくれて本当にありがとうございます!感謝です!!おかげで、ユキはもとの元気な子猫に戻り、毎日楽しそうに遊んでます! まだまだ何年も元気でいてくれそうです。