缶を開けると、白い塊や粉のようなものが見られます。何ですか?

faq10_can_texture

ジウィピークの缶フードには、脂肪が凝固したものや、軟骨、動脈、静脈といった原料が含まれます。

米や穀類を使用していないため、このような現象が見られます。

天然の生肉と内臓の含有量が、ドッグ缶92%、キャット缶93%と極めて高いため、レトルト加工で加熱した際に、加熱された肉や内臓の脂肪が必ずいくらか染み出てきます。家庭でお肉をオーブンで焼いたときに見られる現象とまったく同じです。

缶詰の温度が下がったときに、この染み出た脂肪が凝固して、ご覧になったような白い粒になります。

原因は、ジウィピークは穀類やポテトのようなでんぷん質を使用していないため、染み出た脂肪を吸収する物質がないからです。

また、軟骨や動脈、静脈の白いかけらに気づくこともあると思います。これも、生肉と内臓を使用する商品には、通常、見られるものです。

レトルト加工で加熱した際に、肉と内臓から染み出た脂肪が液体で残る場合もあり、その場合は、缶の底に溜まることがよくあります。さらに、温度が下がると固まってゼリー状になります。