フリーズドライ製品とZIWIのエアドライ製品の違いは何ですか?

①フリーズドライ製法は、室温から一挙に-40~50℃の低温に落とします。そして、タンクに入れて気圧を抜くことで水分が蒸発します。この過程で水溶性のビタミンは損失する可能性があります。これに対して、エアドライ製法は、低温でゆっくりと時間をかけて乾燥させるだけです。加熱や加圧することはありません。そのため、タンパク質、酵素、栄養素の変性は生肉と比べてもほとんどありません。ニュージーランド政府管轄の検査機関Agresearchの検査結果では、フリーズドライ製品は、生肉に比べると若干のタンパク質の変性が見られました。

②フリーズドライ製品は、水分を足してふやかし、しばらく待ってから与えますが、エアドライフードは、封を開けてそのまま与えることができ非常に便利です。

ニュージーランドの主要な農業調査機関Agreseachによるエアドライ製法の評価
http://redheart.sakura.ne.jp/store/shopfaq3#topics03