与え方・切り替え方

1回分のジウィピーク・エアドライドフード = 3倍量の生肉

ジウィピーク・エアドライフードの与える量は、缶フードや他のドライフードに比べると、少なくなります。なぜでしょうか?それは、ジウィピークのエアドライフードは、98%以上が生肉と内臓、魚介類からできており、独自のエアドライ製法により、ゆっくりと水分を除去しているからです。
そのため、3倍の量の生肉を与えていることになります。
この製法により、すべての栄養をできるだけ損なわずに、ちょうど良い食べやすいサイズに仕上げています。
与える量は、パッケージに記載されています。

切り替え方法

ジウィピークを5日以上かけて、ゆっくりと混ぜながら与えてみてください。最初は、いつものフードの1/4をジウィピークに替えます。2日目から2-3日は、半分ずつに増やしてください。そのあとはジウィピークを4分の3に増やします。そして、慣らし期間が終わったら、ジウィピークだけの食事にします。

なかにはフードの切り替えが難しい犬や猫もいます。
その場合のアドバイスですが、缶フードを最初に試して、そのあとエアドライに切り替えていくようにすることをお勧めします。または、ジウィピークの給与量の目安をしっかりご覧の上、エアドライフードと缶フードを半分ずつ混ぜて与えてみましょう。

もし、あなたの愛犬や愛猫がフードにとても敏感でうまくいかなくても、心配はいりません。さらに時間をかけて、毎日少しずつジウィピークを混ぜながら、数週間で切り替えることをお勧めします。新しいフードに慣れるのにしばらく時間がかかるのは、とてもよくあることです。

新鮮な水をいつでも飲めるように用意してください。水をいっぱい飲むことは正常で、代謝機能を助けます。

給与量の目安

給与量は各フードごとの給与量表を参考に、あなたの犬猫の給与量を計算してください。 もしくは、パッケージに記載の「給与量の目安」を参考にしていただくと簡単です。商品ごとの給与量の目安は、各商品の詳細ページに記載しています。

犬猫にも個体差があり、与える量は様々な要因により変化します。

  • 犬の運動量
  • 新陳代謝
  • 気候や生活環境
  • 愛犬・愛猫の体重を飼い主が正しく認識しているか

給与量表の目安は、安全で信頼できる目安ですが、しばらくジウィピークを与えてから、実際に与える量は必要に応じて調整してください。

  • 愛犬・愛猫の体重が、適した体重の範囲から増えたり減ったりした場合は、量を調整してください。
  • もし体重が減ってきた場合は、量を増やし、体重が増えてきた場合は、量を減らしましょう。

 

1回の給与量の目安

ジウィピークは、給与量に従って与えていただければ、子犬・子猫から成犬・成猫までどんな年齢にも適しています。与えすぎないよう気を付けてくださ い。ZIWI(ジウィ)の給与量の目安は、著名な動物栄養専門家によるテストの結果、承認されています。給与量表を参考に、ペットのコンディションを見 ながら、必要に応じて調整してください。

ZIWI(ジウィ)の天然素材のニュージーランド産ペットフードは、総合栄養食として配合されています。サプリメントの追加は必要ありません。ジウィピークの1日の食事代は、あなたのペットが最高の栄養状態でいられるための最終費用なのです。

 

保管方法

ジウィピークは、天然素材のニュージーランド産原材料のみを使用しています。エアドライのパウチは、常温で安定しており、冷蔵庫に入れる必要はありません。開封後は完全に密封して冷暗所で保管し、お早めにご利用ください。
缶フードは、開封後は必ず冷蔵保存し、7日以内に使いきってください。

※冷凍保存は適していいません。