ジウィピーク日本公式サイト

Q7 一般的なドライフードとどう違うのですか?

一般的に市販されているキブルタイプのドライフードは、製造過程で高温・高圧で加工されており、生肉の持つ栄養の多くが壊れてしまいます。生肉に含まれる栄養素の70%は、加熱により破壊されてしまうのです。ジウィピークはエアドライ製法で、低温でゆっくり乾燥させているため、生肉や内臓のタンパク質、栄養素、酵素の非常に敏感な構造のほとんどを保持できます。
また、エキストルーダーで押し出し成型するドライフードには、高温加工に適した穀物や肉粉(ミール)が多く使用されます。肉粉は、原料製造元で高温高圧で加工されてペットフードメーカーに運ばれます。ペットフードメーカーの製造工程で、さらに他の原材料と一緒に高温高圧の加工を経ることになり、2回の加熱処理が行われます。

ジウィピークでは、原材料に自然に含まれる炭水化物を必要な量だけ使用し、高度に加工された肉粉は使用しておらず、エアドライ製法により低温でゆっくり水分を乾燥させるだけの、生肉の栄養を生かした作り方です。

Posted in: よくある質問



Copyright©ZiwiPeak(ジウィピーク)日本公式サイト 2017 All Rights Reserved.