生食のすすめ ~自然な健康法~Raw Fed Dogs

….肉屋さんにお金を使うか、病院に使うか。私なら肉屋さんに使いたい。

生の果物や野菜を食べたほうが、生きた酵素、ビタミン、ミネラル、栄養価を吸収できて体に良い、ということはよく聞きますね。犬にも同じことが言えます。生の獲物をモデルにした生食は、犬が野生で食するものにできる限り近いものを選んだ結果です。たとえば小鳥、うさぎ、齧歯類などの小動物を丸ごと食べたり、鹿などの中型の草食動物、大型の肉食動物の食べ残し、腐肉などを食べることを真似したのが「生食」です。

なぜ生食がいいの?

体を車のエンジンに例えると、適した働きをするには、正しい燃料と潤滑油が必要ですね。安い不適切な燃料を使うと、故障しやすく、いつか壊れます。犬の体も同じような原則で働きます。犬の種に適した生食が、健康や長生きにつながるのです。

多くの市販ドッグフードは、様々な添加物、保存料、穀類を使用しています。とくに、穀類は、犬のお腹に溜まる安い原材料のため、大半のドッグフードが高い割合で配合しています。ところが、犬は穀類を処理する消化酵素や消化システムを持っていません。また、穀類は犬がもっともアレルギーを起こしやすい原料でもあります。生肉や骨の食事に切り替えてアレルギーがなくなったという報告が、多くの犬から出ています。これはよくあることなのです。

生食の利点

1.歯、口腔衛生、息の変化

rawfood01

犬の歯茎の病気は心臓病に繋がることがあるのを知っていますか?

パデュー大学の約60,000頭の犬の調査の結果、歯茎の病気と心臓病の間に関係があることが発見されました。

本調査を実施した疫学教授のLarry Glickmanは「我々のデータでは、犬の歯茎の病気と心臓病の間には、明確な統計上の関係が出ています。この調査に非常に意味があるのは、犬の75%が中高齢になると歯茎の問題が発生するからです」と言います。

生食に変えて短い期間で、犬の息が臭わなくなり、歯石が取れて、とてもきれいな歯になります。動物病院で歯石を取ってもらったり、歯を磨いたりしなくてもです。

獣医師は、骨つきの肉を犬に与えることの不安に言及しがちですが、これは否定しなければなりません。犬は骨ごと食べる必要があるのですから。犬は歯を使って、獲物の死骸から骨つきの肉や内臓などを噛みちぎるのが本来の姿です。

実際、犬にとっては、せっかくの混ざりもののない肉の塊を、ぐちゃぐちゃのマッシュ状にして着色し、ナゲットに加工した物を食べるのは「自然ではない」のです。犬の鋭い歯は、肉の塊を引き裂いて噛み砕くためにあり、どろどろになった野菜などを歯にくっつけるためにあるのではありません。どろどろした食物を常時食べていると、歯垢や歯石ができ、これが原因で歯茎の病気になったり、様々な健康障害に繋がっていきます。歯茎が弱り炎症を起こすと、歯をきちんと支えることができず、長年、どろどろした食物を食べ続けた犬は、歯が抜けてしまうリスクもあります。

歯肉炎や歯周病は、不健康な微生物が慢性的に口内に増えた結果です。この微生物を定期的に飲み込んでしまうことで、体のシステム自体に悪影響が出ます。長く続くと、様々な深刻な全身性疾患の主要な原因となることがあります。

rawfood02

rawfood03

歯の病気の進行

rawfood04

歯の症状 グレード1:
歯垢と軽度の結石で炎症が起こり、歯茎が腫れる

rawfood05

歯の症状 グレード2:
歯垢と結石が進行し、炎症、歯茎の腫れが進む。悪臭も伴うことがあり、痛みがある。

 

rawfood06

歯の症状 グレード3 :
結石が進み、歯茎が赤くなったり出血する。歯茎がやせて、盲嚢が形成され、息が臭くなる。痛みが伴うことで、食事や行動が困難になる。

rawfood07

歯の症状 グレード4:
慢性的な微生物による感染で、歯茎、歯、骨が壊れる。

さらに詳細は: 骨を食べることによる歯の健康への利点、獣医学調査
www.rawmeatybones.com/PrevDent.html

2.消化の変化

丸ごと生の食事をする大きな利点は、顎と歯が、肉の繊維と骨を切り裂くという、時間のかかる作業をすることにあります。骨つき肉をまるごと齧りつくして、飲み込める大きさの塊にするには時間がかかります。また、その食物が胃に到達する頃に、うまく消化できるように、胃酸を生成するのにも十分な時間がかかります。逆に、市販のフードや流動食のようなものは、何の苦労もなく飲み込めるのですぐに飲み込み、胃にもすぐに到着します。そのため、消化に必要な酸が十分生成される時間が足りず、結果として、消化不良になります。さらに、不快感や消化不良から、嘔吐や、食べたものが消化されずに排泄される可能性が高くなります。

3.刺激の増加

大きな骨付き肉を食べようとする行動は、心理的、生理的な効果があり、犬の満足感、バイタリティの増進、生活の質の向上について、かけがえのない行動になります。生肉をとくに大きな塊で与えると、肉を引きちぎったり、骨を砕くのに、精神的にも身体的にも大きな作業となり、精神的に刺激的な経験にもなります。大抵は、途中で止めて、どうすればうまく食べられるか考え直すという時間も出てきます。犬に生食を与えたことがある人なら、犬が生肉を食べているのを眺めていると、あまりにも楽しく食事に没頭しているのに気づいたことがあるでしょう。

4.皮膚と被毛の変化

生の骨付き肉を与え始めて最初に気づく変化が、皮膚と被毛の改善でしょう。しつこい皮膚の問題が突然なくなったり、よくなると、もう動物病院に通う必要もなくなり、消毒、コルチゾン注射や錠剤も不要になります。生食で育ったペットの被毛は、実に深い色で、艶があり、ふさふさして健康で、すぐに見て分かります。

5.丈夫な免疫システム

私たちが最近、K9 Rescue で保護した捨て犬は、キブルフードで健康の問題を抱えていたのですが、生食に変えたとたんに、健康が回復し始めました。この経験から、里親になった人たち皆に、生食を勧めるようになりました。生食は、健康を維持することで免疫システムを正常に維持します。生肉と骨の食事は、優れたバランスで必須脂肪酸を含み、免疫を健康に維持する栄養素も含むため、栄養バランスの崩れから起こる炎症や感染症を軽減します。

6.しなやかな筋肉

生肉と骨の食事を与えることで、ペットは不要な脂肪を落とし、望ましい筋肉をたくわえます。そのため、見た目がよくなるだけでなく、代謝力が高まり、活発になり、健康で長生きできるようになります。定期的な運動をすると、その効果はさらに高まります。

7.便量と臭いの変化

骨を食べることで、明らかに硬い便になります。これは、肛門嚢を正常に空にするために必須です。さらに、市販のドッグフードは通常、炭水化物ベースの原料である、穀類、とうもろこし、大豆を豊富に使用しており、これらの原材料は犬の消化には自然ではないため、排泄物は不自然に臭い、分解にも時間がかかります。

参考: 「チョークのように白いうんち」 www.rawmeatybones.com/ChalkWhite.html

8.変性疾患の変化

高齢の犬を生食に切り替えた方の多くが、様々な変性疾患の問題が改善したと言っています。

9.関節炎の変化

2-3ヶ月もすれば、可動性の改善に大きな変化があるでしょう。これがきっかけで、多くの高齢犬が生食に切り替えて、新しい人生をスタートしています。

利点のまとめ:

  • 栄養価の高い「種」に適した食事に切り替えることで、医療費はかなり削減できます。
  • 生の骨付き肉を食べることで、自然に歯と歯茎が磨かれ、マッサージされ、艶が出て、きれいな歯と健康な歯茎になります。
  • 生食に切り替えると、犬特有の息の悪臭がなくなります。
  • 生の骨付き肉を引きちぎって噛むことで、犬の顎と肩の筋肉が発達します。
  • 生肉、内臓、骨に自然に含まれている栄養素や酵素を、豊富に生物学的に利用できます。
  • 便が小さくて臭わなくなり、簡単に土壌に分解されます。
  • 生の骨付き肉を噛み消化するには時間がかかるため、犬は健康的な体重を維持し、肥満の可能性を最低限に抑えられます。
  • 犬はキブルフードには何時間も興味を示さなくても、生食には、大抵興奮して食いつきます。
  • 精神的、心理的、生理的刺激が高まり、幸せと満足感に繋がります。
  • 市販フードから生食に切り替えると、関節炎、活力の減退、アレルギー、皮膚障害、艶のない被毛のような健康上の問題が、改善されることがよくあります。
  • 犬の運動量、年齢、健康問題、特定の栄養の要求に対して、個々に合った食事を作ることができます。

情報 Raw Fed Dogs http://www.rawfeddogs.org/about.html