Dr ピーター ドビアス – 生食のバクテリアより怖いのは?

dobias-dog

ZiwiPeakニュースレターでは大人気、Dr.ピータードビアスの新着レポートです。いつも深いレポートで引き込まれますが、今回も期待通り。 生食のバクテリアについて詳しいレポートをお送りします。  お楽しみください!

バクテリアが怖い? みんな、そうです。

顕微鏡が発明されて以来、バクテリアの恐怖がずっと人間を悩ませてきました。どうも、私たちの社会はバクテリアをドラマ化してしまったようです。過激に行き過ぎたメディアの報道が、 バクテリアを命を脅かすモンスターのように取り上げてきました。しかし、驚くことに、バクテリアの休みない仕事なくして、生命は存続できません。

植物も動物も(人間も)生きるためにバクテリアを必要とします。現実的な話、病気の原因になる病原性バクテリアはごくわずかです。また、残念なことですが、命を支える善玉菌は、抗生物質や化学薬品のせいで、何十年も壊されてきました。こういった薬剤のほうが、耐性のある病原体をより多く引き出してしまうのです。 – スーパーバグのことです。

善玉菌は犬にどのような影響があるのか?

善玉菌には様々な利点があります。

  • 消化 – 多くの バクテリアが プロバイオティクスに含まれており、消化を助け、腸内のバクテリアフローラのバランスを維持します。
  • 感染予防 – 一番よく知られている プロバイオティクス菌株は乳酸菌、 ビフィズス菌、ある種の連鎖球菌です。これら善玉菌は病原菌のバランスを調整し、コントロールできなくなるのを予防します。つまり、見張り番なのです。
  • 病気、ガンの予防 – 免疫システムの多くが腸内にあることは、あまり知られていませんが、それが理由で、結腸が健康でないと、直接、免疫システムの機能に悪影響が出ます。また、結腸が健康であれば、病気やガンの予防に重要な役割を果たします。

高炭水化物、高でんぷん質の食事は、善玉菌のバランスを妨げ、病原性のバクテリアの成長を促す傾向があります。砂糖、でんぷんは、消化管のpHにも影響し、消化不良、感染症、代謝の問題を引き起こすことがあります。

サルモネラ菌 大腸菌 – メディアの寵児

センセーショナルで行き過ぎたニュースが、非常によく見られるテーマです。食品や飲料水のサルモネラ菌、大腸菌に関するスキャンダルを耳にされたことがあると思います。これらの深刻な性質を軽視するつもりはありませんが、実際には、発生は非常に稀で、人が飢餓や薬物の副作用で死ぬことに比べたら、ずっと少ないのです。アメリカでは、後者が原因で、毎年、10万人も死亡しているのですが、これについてはあまり取り上げられません。

強い消毒剤や化学薬品は、スーパーバグを生み出すことがあります。

バクテリアがいかに重要かを知らずに、ただ怖がることが一番の理由で、どれだけ多くの人が、非常に強力で有毒な消毒剤を、家財や自分の手に使い続けていることか。

強力な消毒剤を使用することは、熱帯雨林の確実な減少に繋がります。バランスが深刻なまでに崩れ、そこに寄生虫、病気が入り込んできます。ですから、私はいつも、昔からある洗剤を使うのはやめて、天然素材のもの、あるいは、単純に重曹かお湯とお酢を使うように言い続けています。

牛をリビングルームで飼う

というのは冗談ですが、とはいえ、 農場で育った子どもと、都会で育った子どもを比較調査した結果があります。 農場で育った子どもは、 アレルギーの発症率が3分の1だということが証明されています。これは、育った環境から、常時、低度のバクテリアへの露出があり、そのために免疫力がより強くなっていることが原因だと思われます。

強くなるためには筋肉を鍛える必要がある、というのは、誰もがよく知っていますね。免疫力も同じです。免疫力を強くするには、ある程度の負荷が必要なのです。

広告宣伝のこけおどし

洗浄剤の怖がらせるようなCMが、 バクテリアにいつやられるか分からない、というような印象を演出しています。ところが、矛盾することですが、洗浄剤に使用される化学薬品の方が、あなたにとっても、愛犬にとっても、より有害なことが多いのです。その結果がスーパーバグの蔓延です。

私の臨床経験では、おもしろい結果が出ています。 17年以上、生食をクライアントに勧めてきましたが、犬に生食を与えたことで、サルモネラ菌、または、 大腸菌に感染したと言ってきた人は1人もいません。たった1件だけ、診察の結果、サルモネラ菌の疑いがあったケースがありましたが、 それも、フードが原因かどうかは不確かでした。

結論を言うと、犬は、 “そもそも” 生食を食べるようにできた動物で、犬の免疫システムは、フードに含まれているかもしれない病原体に対して、非常に抵抗力があります。

さて、これで、なぜバクテリアを賞賛しなければならないか、理解していただけたでしょうか。 プロバイオティクスを使い、バクテリアたちのたゆまぬハードワークに感謝しましょう。バクテリアのヒーローたちがいなければ、私たちの愛犬は健康な生活を楽しむことはできず、地球上の生物は絶滅してしまいます。

ビバ! バクテリア!!!

 

Dr Peter Dobias