猫は昔から「真正」肉食動物

20140602

ご存知の方もいると思いますが、猫は、昔から家庭で飼われていたわけではありません。猫の歴史は70,000年前に遡り、野生のアフリカンキャットがその始まりです。では、今やアメリカの3分の1の家庭が飼っている、現在の猫の姿になるまでには、どのような変遷があったのでしょう?

ところで、猫を飼っている人口が世界一なのはニュージーランドなのをご存知ですか?47%の家庭が猫を飼っているんです。第二位がカナダで38%、第三位がアメリカ32%、そして、イギリス26%、オーストラリア22%です。ジウィピークを生んだニュージーランドは、本物の猫好きってことですね!

ナショナル・カンサー・インスティチュートの調査員が、ヨーロッパ、アジア、アフリカにいる979頭の野生の猫、飼い猫のDNAを調査し、野生の猫のどの亜種から飼い猫が生まれたのかを調べました。調査によると、猫のDNAは6種の異なるグループ、中東(アフリカン)ワイルドキャット、中央アジアワイルドキャット、南アフリカワイルドキャット、ヨーロピアンワイルとキャット、中国マウンテンキャット、サンドキャットに区別されるということでした。また、飼い猫のDNAを調べた結果、純血種、雑種のいずれも、中東(アフリカン)ワイルドキャットの子孫でした。(2009 Scientific America, Inc. The Taming of the Cat by Carlos A. Driscoll, Juliet Clutton-Brock, Andrew C. Kitchener and Stephen J. Obrien)

したがって、私たちと暮らしている猫たちは、アフリカンワイルドキャットの子孫なのです。では、それが、私たちが愛猫をケアする方法とどういう関係があるのでしょう?猫の外見については、様々な変化がありましたが、体の中はほとんど変わっていません。

つまり、猫は、ずっと昔から「真正」肉食動物で変わっていないのです。そのため、猫が毎日摂る栄養は、生肉、内臓でなければならず、生肉と内臓の食事は、猫が生存するために生物学的に重要なのです。もう少し簡単に言うと、猫は生きるために肉を食べなければならないのです。あらゆる選択繁殖が行われてきたにも関わらず、猫の生化学及び基本的な本能は、何も変わっていません。猫はかわいい顔をしていても、実はハンターです。ですから、それに見合った食事が必要なのです。

したがって、猫に与える食事で最も良いものは、猫の進化に適合するもの、つまり、猫の消化システムを通って、利用可能な栄養素やエネルギーに簡単に変換され、生涯健康な生活が送れるものです。それは、高タンパク食で生肉に天然の脂肪が含まれているものです。

ジウィピークは、この野生の獲物を見本として企画された自然食です。ですから、ジウィピークを与えていれば、猫が1日に必要な栄養をバランスよく摂取できていると安心できます。