CATS

猫は真正の肉食動物です

猫は、100%肉食動物です。そのため、コーンや米、ポテトといった炭水化物を消化することができません。

Ziwiは、猫にとって一番負担なく消化できるのは何か?をヒントに 生肉・内臓を丸ごと原料として使用し、野生の猫の食事に近い「獲物丸ごとの食事」を再現しました。

エアドライキャットフード

エアドライ製法で作られた生肉・内臓・緑イ貝96%配合のエアドライキャットフード。使いやすい400gサイズのパウチを4フレーバーご用意しました。総合栄養食として、全年齢の猫に与えていただけます。

Read More

キャット缶

生肉・内臓・緑イ貝92%配合のキャット缶。特に水分たっぷりの食事を摂りたい猫にお勧め。総合栄養食として、全年齢の猫に与えていただけます。

Read More

Dr.Pierson
猫の食事コラム

猫の食事の専門獣医師ピアソン医師による食事の選び方を解説。

Read More

ニュースレター
猫の健康

ニュースレターで配信された猫に関するトピックス。猫と腎臓病の食事。

Read More

犬猫が生肉食なのはなぜ?

犬や猫がなぜ肉食動物で、なぜ炭水化物を消化できないのでしょうか?

Read More

猫によくある
食事のお悩み

猫の加齢と共によく見られる様々な症状、初期に兆候があるのはまれで、水を飲む量や尿の量が増えて初めてわかります。

Read More

猫の食事
切り替え方

Ziwiに切り替えるには、今食べている食事に少しずつ混ぜながら切り替えましょう。

Read More

よくある質問

たんぱく質、脂肪が非常に高いですが、問題はありませんか?

犬猫が1日に必要とする栄養基準(AAFCO)に従って、必要なたんぱく質、脂肪の量を消化しやすい動物性タンパク質から摂取できるように配合しています。また、一般のキブルフードに比べて与える量が非常に少ないため、フードから摂取するたんぱく質、脂肪分の量は、キブルフードと大きな違いはありません。

 

ジウィピークは肉に偏っていますが、栄養バランスは取れているのですか?

犬も猫も基本的には肉食動物で、野生の時代から、その身体構造(歯、顎)、生理機能(胃、腸)はほとんど変わっていません。ジウィピークのレシピは、犬や猫の生物学的な要求と食性に合せて作られています。

動物栄養学者のチームが、犬と猫の消化システムと栄養の必要性を考えて最適な配合をしており、96%が生肉、内臓、緑イ貝です。すべての年齢、運動量、ライフスタイルに適していることが証明されています。
AAFCOの栄養基準を超えた良質な栄養食です。純粋な生肉製品に、天然の海草、パセリ、チコリ、グリーントライプ(煮沸せず、水で洗浄しただけの高栄養価の胃袋)から、必要な炭水化物を配合しています。これに必須ビタミン、ミネラルを添加して、栄養バランスの取れた総合栄養食に仕上げています。
バランスの取れた生肉食は、多くのエネルギーを提供し、動物に生き生きとした活力を与えます。
犬や猫の消化システムに負担をかけやすい、また、アレルギーになりやすい炭水化物は最小限に抑えています。ジウィピークは生肉食の代替フードとして、最も適したものです。

また、最も消化しやすい原材料で1日に必要な栄養素を配合しているため、食事量は一般のドライフードと比べて非常に少なく、たんぱく質、脂質の摂り過ぎという心配はありません。

缶フードの肉の配合率は66%から92%に増えたのですか?

以前は水分を含めた商品の肉の配合率を記載していましたが、新配合商品は乾燥物レベルでの肉の配合率を記載しています。AAFCOの記載方法に合わせました。配合変更により、肉の配合量も増加しています。

糖尿病のペットにジウィピークを与えてもいいですか?

糖尿病の犬や猫は、糖分をゆっくりと血液に送ることで、健康を損なうような血糖変動を避けられるフードを選ぶ必要があります。

また大事なことですが、糖尿病の動物は肥満なのではなく、血糖値のコントロールが難しくなっているのです。痩せすぎということもありません。

とくに猫にとっては、単一タンパク源で高タンパク、低炭水化物の食事が適しており、研究によると、低炭水化物の食事を与えていると、糖尿病の猫のインスリン必要量が減ることも分かっています。

したがって、フードを変更したら、かかりつけの獣医師に、あなたのペットのインスリン要求量が減っているかどうか検査してもらうことが大切です。

これに加えて、適量のビタミン、ミネラル、オメガ3脂肪酸を摂ることが、最適な健康状態には重要です。

ジウィピークは、これらのニーズに完璧に適合しています。

ジウィピークは炭水化物を使用していますか?

以前に、糖尿病の犬を飼っている方から、ジウィピーク・エアドライフードの炭水化物含有量の質問を受けたことがあります。

ジウィピーク回答:

ご質問ありがとうございます。ジウィピークのペットフードは、動物栄養専門家のチームが、純粋に肉製品として企画配合しており、動物が野生で自然に食するであろう食事をベースにしています。

したがって、穀類、豆類、芋類、保存料、化学合成物、着色料、砂糖、塩等は、一切使用していません。

ジウィピークでは、純粋な生肉製品に、他の健康的な天然素材、及びビタミン、ミネラルを添加して、非常に栄養バランスの優れたペットフードにしています。ジウィピークは生肉食の代替フードとして、最も適したものです。

エアドライフードと缶フードの2種類があります。天然素材の炭水化物源は、乾燥海草、パセリ、レシチン、チコリ、グリーントライプに含まれるグラスです。これら自然に原材料に含まれる炭水化物は、原材料の約8%に当たります。

パッケージ記載の与える量の目安をご覧いただくと、あなたの犬の体重に対して適した1日に与える量が記載されています。平均的な犬(糖尿病などがない)をベースにしていますので、この目安の少ない方を参考にしていただくことをお勧めします。

満足していただけることをお祈りしています。お客様の愛犬は、きっとジウィピークが大好きになると思います。

Ziwi(ジウィ)キャットを購入する

全国の小売店もしくはインターネットショッピングでお求めいただけます。