動物性タンパク質を使う理由

今回は、犬や猫の体が動物性たんぱく質を要求する理由を、体の構造、消化機能から検証してみましょう。犬や猫のような本来、肉食動物は、獲物を丸ごと引き裂き飲み込むのに適した、鋭い歯と強い顎を持っています。消化器官は非常に短く、植物繊維を消化するのには不向きです。また、強い酸性であることから、お肉や骨を溶かしてしまう力がある一方で米や芋のような炭水化物の消化はとても苦手です。苦手なものを消化するために膵臓にストレスがかかることもあります。

そもそも、犬や猫が狩りをして食べていた生のお肉は、高タンパクで、加熱されることがないので、生きた酵素が豊富に含まれます。

また、草食動物が食べた未消化物を含む内臓を一緒に食べることで、肉食動物が必要な栄養を摂取してきたのです。

だから、ZiwiPeakは、生のお肉や内臓を摂取することは、犬猫の食性と生理にとって必要なことだと考えます。

かつて犬猫が狩りをしていたことを思い出させる、キツネの捕食のビデオが届きました。

耳や鼻の感覚を研ぎ澄まし、全身を使って狩りをする様子は、肉食動物の本能を感じますね。

我が家の愛犬も、ZiwiPeakへの反応は肉食動物のルーツを感じます。

愛犬愛猫が、本能的に喜ぶこと、本当に体に合ったものを選びたいですね。

http://www.edisproduction.de/2013/11/19/fox-hunting-under-snow-in-an-incredible-way/