シニア犬には、お肉を与えすぎないほうがいいの?

市場にある多くのシニアフードは、低カロリーに設定されています。
だからなのか、お肉はシニア犬にはよくないと思われる方が多いように思います。

シニア期になると、運動も少なくなりますし、代謝も低くなるので、 もちろん、成犬期と同じというわけにはいきません。

しかしながら、本来、犬も猫も肉食獣で、胃は胃酸が多く、腸は短いので、短時間で消化できる、 お肉の消化を得意とします。
腸の中をゆっくりと通り、消化に時間をかける野菜や炭水化物の消化は苦手で、 むしろ消化に負担がかかります。

また、筋肉が落ちると、骨を支えることができません。
シニア犬には、より良質なたんぱく質が必要といえます。

その点、ジウィピークは、犬猫の消化に適しているお肉が96%使用されています。
消化器官に負担をかけずに、必要なたんぱく質や栄養素を摂取できるジウィピークは、 むしろシニア犬に適しています。